東京人のガーデニング&自家農園

東京人です。あまり自然に接する機会は少ないと思われがちですが、なんとか接しております。ベランダにはガーデニング。野菜(トマト、ナス、ゴーヤ、ネギ、カブ、ほうれん草等)を栽培したりしてます。父母が昔の人で、そう言うのが好きなのです。僕はまったく興味なかったのですが、付き合ううちに好きになりました。トマトは水のやり過ぎはダメ。ゴーヤは水が大好き。いろいろ覚えました。小さいながらも、自家農園を所有しております。そこでの栽培(さつまいも、ジャガイモ、里芋、落花生)もレビューしております。

カテゴリ: ベランダの自家農園

14:30

石神井台の新青梅街道沿いのオザキフラワーパークに寄る

春キャベツの苗を買いに来た

大泉のスーパーバリューでも農協でも、

春キャベツは売り切れだった

母に、

そう言う時はオザキフラワーパークに行くんだ

と言われ来た

春キャベツの苗が売っている

店員に相談する

冬を超え3月くらいに収穫できるという

僕の買った本では4月から5月に収穫だけど

ここの店員は本当に親身になって相談に乗ってくれる

自転車で言ったのだが、

2苗しか買わないのに、

小さいダンボールを用意してくれて、

自転車でも倒れないようにしてくれた

15:00

帰路に

自転車で移動

15:30

帰宅

春キャベツを植える

防虫ネットが必要なのだが、

母が用意してくれた

目の細い防虫ネットを用意してくれた

これで様子を見よう

12:45

スーパーバリューに寄る

ソラマメと春キャベツの苗を買いに来た

しかし春キャベツの苗は売り切れ

先日も無かった

仕入れているかと思いきや無い

残念

ソラマメの苗だけ買う

13:10

ウォーキング

13:20

農協に寄る

僕は大泉に40年住むが、

おそらく生まれた時からあった農協に寄るのは、

人生初

春キャベツの苗を探しに来た

ここにも無い

春キャベツ人気です

14:55

帰宅

買ったソラマメの苗を植える

母の提案で、

プランター(このプランターは以前仕事で使っていた樽)に2つの苗だけを、

植える事とした

これ以上植えると、

鳥に食われる可能性があるからだ

去年ほうれん草は鳥に食われた

大きく育って欲しいものです

16:00

2018冬からのベランダの野菜栽培経過①

今年は本を購入し、読んで調べました

去年はネットだけの情報でやって、

ネギ、カブ、ほうれん草が冬に栽培できる野菜だったのですが、

カブはダメ

ネギは収穫したのは春

ほうれん草も春収穫でたいして大きくならなかった

本を読んでも収穫は春の物しかありませんが、

サヤエンドウ、ソラマメ、春キャベツ、アスパラガスが、

冬に栽培する野菜として載っていました

その中でアスパラガスは収穫まで2年かかるのでパス

春キャベツは売り切れで(ホームセンターで箱毎買っていった人がいたらしい)パス

サヤエンドウとソラマメを植えました

まずはサヤエンドウ

次にソラマメ

我が家のベランダは、

鳥に栽培しているものを食べられる時間が多数発生しているので、

ネットはかけます

育ってくれると良いです

期待してます



このページのトップヘ